ビジネス事務系

法人向けのデスクトップパソコンの選び方

法人向けのデスクトップパソコンを、選ぶ時に参考にするのは先ず使用用途と使用シーンです。ビジネス文書を作成するのがメインなのか、それともクリエイティブな作業がメインなのか等が使用用途です。又設置するスペースはどの程度なのかや環境が使用シーンです。この2つを念頭に置く事が選ぶ時には大切です。ここを適当に考えてしまうと良い事は殆どありません。何故なら選んだこのパソコンがオーバースペックだったり、逆に選んでしまってからスペックが足りなかったりするからです。先ずは自分がどんな用途で使うのかや、どんな場所にこれを設置するのか良く考えてみます。考えた上でその使用や作業に最適なCPUやメモリ、ストレージを選びます。

購入前後のチェックポイント

法人向けのデスクトップパソコンを、購入する時のチェックポイントは使用目的が何なのかです。プレゼン資料作成やデータ管理等のビジネス事務関連や、動画編集や画像編集と言ったクリエイティブな作業が中心の、デジタルコンテンツ制作も視野に入れます。又アプリ開発やソフトウェア開発等が中心のプログラミングや、設計業務からゲーム開発中心のCADやゲーム開発等も考慮します。そしてこのパソコンの頭脳の役割を持ち様々な処理を行うCPUも、用途に合わせて適切に選ぶ事が重要です。記憶装置のストレージはHDDとSSDの2種類あります。これも用途に合わせて選択します。更に光学ドライブは購入時に搭載の有無を確認します。メモリの快適な動作は16GB以上あると安心です。他にもチェックポイントは、無線LANやモニター等があります。

© Copyright Choosing Personal Computer. All Rights Reserved.