ノート型のメリット・デメリット

ノート型のメリットとは

法人向けのパソコンでノート型を選ぶメリットとしては、まず、バッテリーが付いているため持ち運びが出来るということが挙げられます。会議室などの別の部屋に持ち込んだり、外出の際に持ち運ぶことも可能なので、場所を選ばず使いたい場合に向いていると言えるでしょう。次に挙げられるメリットは、大きさがコンパクトなので場所を取らないということです。ですので、スペースの狭い場所にパソコンを設置しなければならない場合などに活用できると言えます。さらに挙げられるメリットは、消費電力が少なくて済むということです。ノート型のパソコンは、デスクトップ型と比べると3分の1程度の消費電力で済むと言われているため、オフィスの電気代の節約にもなると言えるでしょう。

ノート型のデメリットとは

一方でノート型のパソコンを選ぶデメリットとしては、まずデスクトップ型と比べると性能が劣る傾向にあるということが挙げられます。ですので、性能を重視する場合はデスクトップ型を選んだ方がよいと言えますが、一般的な用途であればそこまで気にする必要はないと言えるでしょう。次に挙げられるデメリットは、バッテリー切れの心配があるということです。そのため、外に持ち運ぶ際はバッテリー残量に気を付ける必要がありますが、電源が確保出来る場所で使う場合は特に問題ありません。以上のように、ノート型のパソコンには一長一短があるため、どのような用途で使うかや、何を重視するかということをよく考えた上で選ぶことが重要だと言えるでしょう。

© Copyright Choosing Personal Computer. All Rights Reserved.