ストレージ等その他チェックポイント

耐久性が必要な場合にはSSDが最適

HDDはディスクを回転させてデータの読み書きをしているため、動作中に動かしたり強い衝撃を与えると、データが消失したりHDD自体が故障することもあります。しかしSSDはディスクを回転させる仕組みではなく、チップに直接データを書き込む仕組みです。可動部が少ない分動作中に動かしても不具合が発生することがなく、多少の衝撃程度であれば耐えられることも多いです。SSDはHDDよりも耐久性が高いので、ノートパソコンなどで外へ持ち出す場合などにはストレージをSSDにしておくと、衝撃にも耐えられて故障しにくくなります。特に法人向けパソコンは持ち運んで使われることや、衝撃が加わることを想定されていて、ストレージにSSDが搭載されたものを選択することが重要です。

HDDを選択すれば大容量のデータが保存できる

大容量なストレージなら沢山のデータが書き込めるので、業務などで使う場合にとても便利です。HDDはプラッタというディスクをモーターで高速に回転させ、磁気ヘッドでプラッタを磁化させることで、読み書きを行うという単純な構造で出来ています。プラッタは非常に薄く重ねることができるので、同じ面積でも沢山のプラッタを搭載でき、複数のプラッタを搭載した大容量のモデルも多いです。またチップセットなどの高価なパーツを搭載していないことなどから、1GBあたりの価格がSSDよりも大幅に安くなっていて、大容量モデルでも安く導入できます。特に長期間使用することを想定している場合や、沢山のソフトとデータを保存することを想定している場合にはHDDが最適ですね。

© Copyright Choosing Personal Computer. All Rights Reserved.